• 中文EN日本語

KOTEI 、ルネサスとIVI、スマートコックピット、自動運転、IoVなどの分野で戦略的協業を開始

日付 :2019/12/26

12月27日、Wuhan KOTEI Infomatics Co., Ltd (以下はKOTEIと呼ぶ)は、ルネサスエレクロトニクス株式会社 (以下はルネサスと呼ぶ)と中長期にわたり、戦略的な協業活動を推進していくことに合意したことを報告します。

お互いにメリットを補完し、Win-Win、長期的な協業及び共同発展の原則に基づき、双方は、ルネサスのR-CarプラットフォームベースでIVI、スマートコックピット、自動運転、IoVなどの分野で協業を深化し、中国市場及び業界ニーズにもっと適応するソリューション及びサービスを共同開発する。また、双方のお客様及び技術面でのメリットを活かし、有効的な技術連携を図り、自動車産業の革新を促進する。

ルネサスは、世界有数の半導体ソリューションサプライヤーとして、人々の仕事や生活をより良くするために、あらゆる機器をつなぎ、インテリジェント化を実現する半導体ソリューションにより、組み込み設計に革新をもたらしてきた。そして、信頼性が高く最先端の車載用SoCとMCUにより、専門的で信頼できる革新的な組み込み設計と車載用ソリューションをお客様に提供している。
中国の優秀なインテリジェントカー総合ソフトウェアサプライヤーとして、KOTEIはIoVと自動運転に関して、将来を見据えた最先端コアテクノロジーを積極的に開発し、お客様に高付加価値のソフトウェア開発サービスとソリューションを提供します。 10年以上の技術進展を経て、同社の業務は全グローバルまで届き、世界中の多くの自動車メーカー及びTier1の信頼できるパートナーになった。


2016年以来、KOTEIはスマートコックピット分野でルネサスと緊密に提携し、 ルネサスのR-Car H3 / R-Car M3プラットフォームの強力なデータ処置能力、拡張性、およびISO 26262に準拠した機能安全やセキュリティ機能を活用し、お客様へ次世代スマートコックピット向けの総合ソリューションをカスタマイズしている。 現在、ルネサスのR-Carの高い製品パフォーマンスとQNX Hypervisor 2.0技術を完璧に結合し、KOTEI Smart Cockpit Solution(KSC)として、multi-core multi-system, one-core multi-screen operationによる、より安全で快適な、個性的体験を実現できるスマートコックピットを提供できます。 

ルネサスのオートモーティブソリューション事業本部、テクニカルカスタマーエンゲージメント統括部長である吉田直樹氏は次のように述べています。

「WUHAN KOTEI INFOMATICS社と協業できることを大変喜んでおります。今後、当社のR-CarプラットフォームとWUHAN KOTEI INFOMATICS社のソリューション・サービスを組み合わせることにより、お客様に革新的な価値をお届けできると強く信じています」

今後、KOTEIはR-Carプラットフォームのソフトウェア革新及び技術連携を図り、各自のリソースメリットを最大限に活かし、自動車メーカーとTier 1の効率的な技術アップグレードや、製品の市場投入までの時間短縮を図り、車の新しいインテリジェントな体験を与える完成したソリューション及び専門チームによるサポートを提供していきます。