中文English日本語

トップページ>ニュース>ニュースリリース

ニュース検索

日付から探す

  • 栏目侧边广告位
ニュースリリース
ブラックベリーQNX開発者大会:光庭は次世代コネクティッドカー運転乗車体験を開く志し トップページへ|時間:2017-12-08|ページの先頭へ

 12月5日、年に一度のブラックベリーQNX開発者大会は上海で開催されました。ブラックベリー全世界からの技術専門家はブラックベリー最新のバーチャルコックピット、自動運転、機能安全などの技術を発表しました。光庭はQNXパートナーとして今回の大会に参加しました。

 

 

 光庭会社総経理王軍徳は現場でグローバル技術専門家と現在光庭の次世代スマートコックピットでの開発成果を交流し、OS、Hypervisorなどコア技術点からスマートコックピット技術の発展動向、技術難点及び対応方法について説明しました。

 

 次世代スマートコックピットコア技術Hypervisor、Android O車載機操作システム、ソフトウェアからハードウェアのアーキテクチャも変化が起きています。

 

 光庭はスマート操作システムAndroid、QNX、Linuxなど技術の積み重ねに基づき、先端的スマート操作システム、Hypervisor などコア技術を把握しました。ユーザ体験実験室をHMI、UIの研究と開発“基地”として成立し、クライアントに車載娯楽システム、全数字メーター、車載通信システム、高級運転支援システムを含むスマートコックピットシステムソリューションをオーダーメイドします。自動車メーカー、Tier1に技術ランディングの難題の解決に助力し、次世代コネクティッドカー運転乗車体験を開きます。

 

 

 

企業情報
会社情報
ご挨拶
経営理念
会社組織
会社沿革
ニュース
ニュースリリース
Kotei-News(月刊)
アウトソーシング
スマート表示
コネクティビリティ
信頼性評価
自動運転
ナビ製品
車載ナビ
携帯ナビ
業務車両ナビ
NUI
ソリューション
スマートシティ
スマート国土
スマート観光
スマート税務
スマート物流
その他
人材採用
採用情報
人材育成
海外研修

Copyright 2017-2019 武漢光庭信息技術股份有限公司 版権所有
法律に則り | プライバシー保護
CNAS 2 3 4 5