中文English日本語

トップページ>ニュース>ニュースリリース

ニュース検索

日付から探す

  • 栏目侧边广告位
ニュースリリース
専門家集まる 高精度地図未来の道を議論 第6回湖北武漢国際ICV発展フォーラム トップページへ|時間:2017-10-19|ページの先頭へ

 スマートカー「次の万億レベルコース」の推進につれ、高精度地図は自動運転にサービスする新型センサーとして、その技術価値と商用価値は業界に注目されてきます。部品メーカー、車メーカーの大手会社は高精度地図市場に投資しました。

 

 

 湖北ICV産業イノベーション連盟(以下HBICV)は省内初めてICV領域技術探索と交流連携を始めた省レベル連盟として、10月18日に日本Kiwi-W協会、武漢理工大学と共に、第6回湖北武漢国際ICV発展フォーラムを主催しました。国家政策、業界標準、車両メーカー、技術沿革などの角度から、高精度地図の政策、標準化、技術研究などの問題を深く分析しました。

 

 会議では国内外高精度地図業界の技術専門家、車メーカー、部品メーカー、政府、メディア及びNDS会員を含む200人余りの代表を招き、高精度地図未来の道を議論しました。湖北省科技庁、武漢市経信委、武漢市硚口区政府のリーダーもフォーラムに出席しました。

 

 

 今の車業界はすでに多領域連携、多技術融合の新しいプラットフォームになりました。高精度地図が自動運転にサービスすることは政府、車メーカー、地図業者、部品メーカーの協力なくてはできません。各領域の優秀企業、優秀人材の加入を期待し、共に革新して、ICV関連産業の発展に力添えます。

 

 

企業情報
会社情報
ご挨拶
経営理念
会社組織
会社沿革
ニュース
ニュースリリース
Kotei-News(月刊)
アウトソーシング
スマート表示
コネクティビリティ
信頼性評価
自動運転
ナビ製品
車載ナビ
携帯ナビ
業務車両ナビ
NUI
ソリューション
スマートシティ
スマート国土
スマート観光
スマート税務
スマート物流
その他
人材採用
採用情報
人材育成
海外研修

Copyright 2017-2019 武漢光庭信息技術股份有限公司 版権所有
法律に則り | プライバシー保護
CNAS 2 3 4 5