中文English日本語

トップページ>ニュース>ニュースリリース

ニュース検索

日付から探す

  • 栏目侧边广告位
ニュースリリース
武漢市長万勇御一行が光庭を訪問・視察 トップページへ|時間:2016-05-06|ページの先頭へ

 5月6日午前中、武漢市長万勇御一行は武漢光庭科技有限公司を訪問し、自動車自動運転技術の研究開発及び応用状況を視察しました。

 

董事長朱博士(左二)は万勇市長(左三)の来訪に歓迎

 

 朱博士は自動運転技術とモデル区の建設状況を紹介して、工場を案内しました。

 

朱博士は自動運転技術とモデル区の建設状況を紹介

 

 その後、万市長は光庭の「光谷夢」と呼ばれる自動運転車に試乗しました。

 

万市長は「光谷夢」に試乗

 

万市長は光庭公司の車載製品を見学

 

 万市長は「自動車工業にとって、自動運転自動車産業化はチャレンジをもたらす新たなチャンスです。武漢は沌口、金口、黄金口三つの自動車製造産地を有していて、それに、光谷を牽引とした光電子情報産業基地が建設されているため、インテリジェントコネクデットカーと自動運転産業発展の有利な条件が備わっています。これはわが市の産業アップグレードにもつながる重要な契機だと強調しました。これから、武漢の優位性を生かして、新エネルギー自動車やインテリジェントコネクデットカーを中国ひいては世界をリードできるために、より高い効率で改善・改良に力を入れてほしい。さらに、「スマート自動車とITS革新応用モデル区」の建設を確実に着手・実現させて、国家新エネルギー自動車基地の拠点を構えてほしい。その後、企業にとって、良好な外部環境を構築することが不可欠です。ネットワーク基礎情報、産業生態チェーンや産業技術コンソーシアムの形成を加速させることや、国内一、国際をリードできる自動運転プラットフォームを構築することや、自動運転技術を応用した固定バス路線及び通勤路線を設定することを表しました。最後に、国家レベルの法規制の策定や、グローバル技術標準の作成に発言権を持ちように積極的に取り込むことを強く希望しています。」を述べました。

企業情報
会社情報
ご挨拶
経営理念
会社組織
会社沿革
ニュース
ニュースリリース
Kotei-News(月刊)
アウトソーシング
スマート表示
コネクティビリティ
信頼性評価
自動運転
ナビ製品
車載ナビ
携帯ナビ
業務車両ナビ
NUI
ソリューション
スマートシティ
スマート国土
スマート観光
スマート税務
スマート物流
その他
人材採用
採用情報
人材育成
海外研修

Copyright 2017-2019 武漢光庭信息技術股份有限公司 版権所有
法律に則り | プライバシー保護
CNAS 2 3 4 5