中文English日本語

解决方案详细页广告位
スマート警務システム

● システム概要

………………………………………………………………………………………………………………………………


スマート警務システム管理は現代的な技術手段を利用する総合応急対応プラットフォームを通じて、対応速度、決断能力、予防能力を高め、資源を合理的に利用することで、案件発生率を低減につなげます。


● システム構成

………………………………………………………………………………………………………………………………

● システムアーキテクチャー

………………………………………………………………………………………………………………………………


→ 現場業務フロー

→ 決断フロー




● システム構造

………………………………………………………………………………………………………………………………


→ 通報を受けるサブシステム

①輝きのある鮮やかな画面表示です。

②フラッシュ動画で案件を表示し、色わけで緊急度を示ます。

通報者の電話で、迅速かつ自動的に案件地の位置決めができます。

管轄内の案件をパターン化することで、処理進捗が一目でわかります。

町の名称、POI、ハウスナンバーで位置を検索できます

位置の詳細情報は自動的取得可能です

迷惑電話やいたずら電話を提示できます。

自動的に最初のオペレータに切り替えます。




→ 管理サブシステム

以下の機能からなります。

①両画面表示(情報と地図を同時に表示できます)

②車両分配指摘

③警務資源のタイムリー管理

④案件処理の全体フォロー

⑤案件の優先度提示

 


→ 事故現場の処理サブシステム

①輝きのある鮮やかな画面表示です

②高精度地図とGPSによる測位します

③タッチパネルと大きいボタンで、操作が簡単です

④外業仕事に適用できる画面デザインを持っています

⑤ナビゲーションで目的地まで案内します

⑥合理的に任務の分配できます

⑧現場の写真とビデオをタイムリーセンターにを報告して、進捗管理が簡単です




→ 監視サブシステム

①管轄内のすべてのイベント数、所在位置や、処理進捗を管理できます

②各管轄内の応対効率がわかります

③署員の業績評価を評価できます

④全署員の違反操作を記録します(例:無駄電話の時間が長い、案件処理が遅れているなど)

⑤車両情報を管理でき、走行履歴を再生できます

⑥管轄内の警官あたりの担当状況を管理して、合理的に管理できます

⑦パトカーの状況を管理できます

⑧地域封鎖の協力や容疑者の逃走経路の封鎖などと連動します




→ データマイニングサブシステム

①色分けによるイベントの分析

②グリッドによるイベントの分析

③POIによるイベントの分析

④イベント多発の原因分析

⑥事故多発の原因分析 
 

→ リスク予防と決断システム

①規則が自己設定可能です

②専用データベースを配置できます

③決断をサポートします


スマート環境保護

スマート環境保護管理は、全員の素質向上、管理方式の最適化により、作業効率を高めます。区域環境質量を改善し、法執行機関への信頼につながります。



● 目的

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………


データの統合

データの標準化により、データを整理して、業務応用に合ったデータ情報リソースデータベースを形成します。


プラットフォームの構築

既存のシステム資源を統合して、標準化、プロセス化の環境法執行監視業務システムを構築します。


チームの設立

情報化により執行方式を規範化することで、執行人員への業務要求を低めて、チーム全体の効率を高めルことができます。標準化、プロセス化の監督管理プロセスは法執行人員の管理を強化します。


● システム構成

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………



● システム特色

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………


    


→ デジタル地図プラットフォーム


· 違法案件の検索

環境品質監視測定データの異常状況を二次元に動的に表現して、汚染源の汚染排出情報をリアルタイムに調べられます。


· モデル化の空間汚染源の分析

ウインドロ——ズモデル分析――排気排出口の有効な汚染分析モデル。

上流分析―——水質汚染の原因をとことんまで追究します。

下流分析——排水排出の影響を分析します。


 違法案件管理サブシステム



投書陳情、巡回検査によって発見した案件は、標準化プロセスを通じて公開、公平、公正な処理を行うことができます。


スマート市政

スマート市政綜合管理プラットフォームは、道路や橋、街灯など市政施設の新設、補修及び維持管理を通じて、全面的な監督管理を実現します。その上、作業データに基づいて統計分析を行い、指導者が決定を下すことを助けてくれます。

システム特徴



健全な体系:通報、巡回検査、管理配備、監督、処理を統合したサービス管理モード。

細分化の管理:グリッド管理と部品イベント管理。管理責任区域の細分化、市政管理対象の細分化を確かに実現します。

先進的な機器:ポータブル デバイス。発見した市政管理問題をリアルタイムに反映する手段を提供します。

クリーンな理念:仕事状況をできるだけ早く上級に報告します、同時に公衆に市政工程関連なサービスを提供します、公平、公開、透明、規範のクリーンでオープンな政治を体現します。

長期的なメカニズム:科学的かつ合理的な評価体系を確立して、市政管理の長期にわたる安定運行を保障します。

システム構成


システム特色

● 外業綜合事務サブシステム

現場問題リアルタイムアップロード

巡回検査中に発見した問題を直ちに記録し、アップロードします、その上、システムはこれらの問題を自動に「工程管理サブシステム」に転送して、統一管理を行います。規則違反、法律違反の状況を発見すれば、システムは自動に「執法監察サブシステム」に転送し、相応の処罰を与えます。

ポータブル デバイスを通じて、外業の巡回検査、補助道路の事前調査、稼動率の完全調査と施設データの収集を行います。

施設の問題発生率を低下させるために、ポータブル デバイスを通じて、道路、橋、街灯など市政施設をリアルタイムに巡回点検します。


● 工程管理サブシステム

· 施工管理


管轄区内すべての施工工事に統一管理を行い、地図上から施工場所や道路を簡単に見つけることができます。道路占用許可申請が期限切れの工事に対して、システムは自動的に警告を出すことができます。期限切れだが、まだ施工中のプロジェクトに対して、システムは自動的にこのプロジェクトを「執法監察サブシステム」に通知します。

· 維持管理

市政施設の維持状況を記録し、各施設の維持保全目標を分析して、施設の運行状況を可視化することで、安全かつスムーズな運行することを確保します。

· 工程評価


施工企業を管理し、評価審査を行います、建設工事市場を規範化します。


● 分析政策決定サブシステム

 

· 地域ネットワーク分析

このシステムは、道路の良好率、施設故障多発地域を分析できます、同時に、各設備の使用時間、補修回数によって、故障発生確率も算出できます。

· 地域早期警告分析

 

各施設設備の使用時間、補修回数によって、故障発生確率を分析して、自動的に大規模な修理が必要かどうかをに判断しま。高故障率の設備を検出すると、システムが保守点検警告を出します。同時に、システムは天気異常、休日や重大なイベントがあった場合、施工警告を出して、施工中現場では安全施工を注意することもできます、それによって、指導者が決定を下すことを有効に補助してくれます。

スマート林業

林業情報の特徴にあわせえて、弊社の3S領域のノウハウを活用して、林業資源情報の総合管理システムです。このシステムは林業管理部門が森の経営管理、林権管理、森資源の調査、保護、林木伐採などの仕事を行う時に有力な保証を提供しています。また、林業管理部門と社会公衆に全面、素早い、正確な林業資源情報を提供し、決断や応急処理能力を強めて、林業全体の管理レベルをアップします。

システムアーキテクチャー

 

 

システム構造

● 林業資源情報プラットフォーム

· 植林サブ管理システム

 

 

植林サブ管理システムには、退耕還林管理、砂漠化と荒漠管理、植林管理、林木土壌の成分テスト、国土緑化管理、作業設計管理、緑化統計?分析などのモジュールがあります。

· 野生動植物保護サブシステム


 

 

野生動植物保護のサブシステムには、野生動物管理、野生植物管理、湿地保護管理、保護区域管理、エコツーリズム管理などのモジュールがあります。

· 森の消防指揮サブシステム

 

 

森防火体系は森資源“三防”体系において、主要体系のひとつです。森消防指揮サブシステムはリモート監視、3Gネットワーク及びデータ履歴の分析などを利用して森火災の予測と予報、航空地面消火指揮、避難指揮、火災後の評価などの消火管理を実現出来ます。また、火災時の航空地面のルート巡り、消防署所在地の分析、消火因子の分析、火災状況まとめの分析なども分析出来ます。

· 森の病害虫のサブ管理システム


森の病害虫のサブ管理システムには、衛星リモートセンシング、サンプリング分析、データ履歴の統計と分析などの方法を利用して、病害虫の監視と予報、病害虫治療方策の分析、病害虫の防除と災害評価などのモジュールがあります。病害虫の書類管理、植物検疫管理及びリモート診断?鑑定などのモジュールも含まれています。

● 林政業務の管理システム


 

 

林政業務のオフィスオートメーション管理システムには、オンラインモードの林業林政管理の資源監視、財産権と市産籍管理、運送管理、伐採管理、証明書のオンライン申請やオンライン監査などのモジュールがあります。

● 林業資源データのリリースと閲覧システム

B/S地図データのリリースシステムは、林業資源の各種地図データをネットワークにリリースし、エンドユーザーはブラウザを通じて、森の資源データ、各種のテーマ図、統計諸表などで調査、統計、編集及び諸表の出力などの操作を実行します。

コア技術

1.メジャーのデータベースをサポートし、クロスプラットフォーム対応できます。

2.国家標準に沿った技術方案を作成、権限を設け、データの安全性と操作の正確性を保証します。

3.B/S、C/Sモードのシステムをサポートし、閲覧分析に便利です。

4.森資源の書類情報の調査?統計分析をサポートし、新旧データの照合によって森資源の消長分析を行うことで、森資源の動的管理を実現します。

5.データベース管理と辞書管理が出来ます。多様な調査、分析及び統計方式を提供し、全面的に森資源の分布状況を反映します。

6.衛星リモートセンシング、サンプリング分析及び林木土壌の成分の分析などの技術を利用してテーマの分析サービスと森資源のテーマデータのサポートを提供します。

7.三次元の地図表現をサポートし、森資源の分布状況を立体的に表現します。