中文English日本語

技術サービスサポート

お問い合わせ+86-(0)27-5959 8172

その他の連絡先

解决方案详细页广告位
特徴

徴管理部門の税務管理地理情報、国土部門の小包地籍情報、土地譲渡情報を基準として、納税者の土地財産情報の真実性と一致性を認定します。全面、精確、早速に都市土地使用税情報、税源基数をを把握して、徴収管理の漏れ箇所を発見して、無断占用、用途変更などの土地違法使用情報を取得して、税源の精細化、動態化、可視化とシームレスな管理を実現します。

業務価値

● カスタマ設定した情報を比較して、異常情報を自動警告します。また、自動関連、手動比較、機上調査、現地調査、元帳監視などの機能を提供し、情報処理効率を大幅に向上させる。


●  一体化した設計は不動産、土地徴収業務をカバーしています。


●  地理情報プラットフォームと徴税情報を統合して、徴税業務空間データを有効に管理し、情報モデルを統一します。システムは操作が簡単で、使いやすく、検索が早いです。


●  データ共有と交換により、情報の関連性と汎用性を実現し、マルチアングル、オールラウンドのデータサポート策略につなげます。パーミッションツリーにより、各市区県税務機関のデータを検索でき、権限設定で使用可能となります。


●  地理情報プラットフォーム上に納税者状態を自動に表示します。従来に比べると、すっきりしたフォームは、透明度を増加し、徴税コストと法律執行コストが下げられます。地図可視化、検索と編集、空間処理、空間分析に関するサービスを提供します。

システム特徴

● 税源監視管理の新たなパターン

自動式と手動式の国土データ取得方法を提供し、 「全程追跡、分類監視、一体管理」税源監視管理の新たなパターンを形成して、 “静的土地”と“動的納税者”の両方面監視と徴税のシームレスなフルカバレッジ管理を実現します。

 

● 金税第三期技術規範にあわせたシステム構成

「税務管理地理情報システム」は設計面では、インタフェースを標準化することにより、コア徴収管理システムとのシームレスな結合を実現します。また、金税第三期の背景を十分に考慮し、金税第三期システムへのスムーズな移行をサポートできます。

1. B/S/Sの三つのフレームを利用して、ユーザーの開発と運行速度の問題を解決します。

2. プログラムは互換性を持ち、拡張性に優れています。

3. 生産データ構造が変わっても画面修正する必要がありません。

4. CPUなどの資源は無駄なく合理に使用しているため、デバイスび効率を大幅に向上できます。

5. 画面操作の応答時間はほとんど1秒以内に抑えています。

6. クロスシステムの分析モデルを確立し、「データ整合」の目標を実現します。


● SOA業務向け構築したサービス体系フレーム、システム統合と運営保守管理しやすい

税局情報化建設の要求により、システムはSOAがサービスと業務向けのシステムフレームを採用し、業務モデルを早く構築できます。データ標準と規範インタフェースを通じて、GIS税源監視管理の各業務モジュールをカスタムし、システム性能を向上させ、税局イントラネットポータルと便利、器用に統合し、統一操作権限で管理します。


● 税務業界のニーズに合わせた完全なソリューション

深く洞察、高度統合、税務業界のニーズに合わせたソリューション。

簡単直観、迅速構築、プロセス化のソフトウェア生産ラインモード。

機能全面、器用に調整、ニーズによる配置する開発プラットフォーム。

マイクロコアグループを採用、统一空間データモード管理の統一、一体化プロセス管理などの技術。


● 一つのシステム、二つのプラットフォーム、良い画面視覚効果、シーンかの仕事特徴

税源総合監視管理システムは業務プロセスアプリプラットフォームと地理情報監視管理プラットフォームを含み、シーン化の画面設計により、日常仕事を保証する共もに、豊かなユーザーエクスペリエンスを提供し、仕事を楽しみになります。

重要機能

● 国土地籍情報と税源データベース情報の関連比較

国土地籍情報と税源データベース情報の関連比較をカスタム設定することにより、システムは自動関連を実現し、関連した比較差異結果を警告で表示させます。



● リスク早期警告と予防対策

システムは関税未申告、税金滞纳、土地異常などの情報を自動に警告し、また、電子地図により可視化表示を行い、異常税源情報を早く測位できます。



● 土地等級の確認

地理情報プラットフォーム上に、土地等級を迅速に確認できて、手動フォームより更に便利、迅速、正確になります。



● 地理情報監視プラットフォーム

コンピュータネットワーク通信技術と電子地図3S技術を十分に利用し、資源を統合しすることで、電子地図の可視化管理を実現し、税務日常業務ニーズに満たし、各項土地税源に対して有効に監視管理します。



● 電子地図審査業務

国土地籍データ情報と税源データベース情報の関連比較により、快速查找定位税源土地異常情報を早く検索測位して、電子地図まで精確に測位することで、可視化分析をします。土地等級、面積、土地権力人などの属性差異を持つ納税者に修正通知を送り、土地使用税の税金滞納のクリーンアップに根拠を提供します。

税源管理は現地審査処理をするために、システムはハンディターミナル業務機能を提供します。



 

● 統計分析と策略サポート

システムは各級業務がシステム応用にて生じた業務基礎データをベースに、各種報告書、台帳を自動に生成し、そして、報告書のフォマットを器用に作成します。




企業情報
会社情報
ご挨拶
経営理念
会社組織
会社沿革
ニュース
ニュースリリース
Kotei-News(月刊)
アウトソーシング
スマート表示
コネクティビリティ
信頼性評価
自動運転
ナビ製品
車載ナビ
携帯ナビ
業務車両ナビ
NUI
ソリューション
スマートシティ
スマート国土
スマート観光
スマート税務
スマート物流
その他
人材採用
採用情報
人材育成
海外研修

Copyright 2017-2019 武漢光庭信息技術股份有限公司 版権所有
法律に則り | プライバシー保護
CNAS 2 3 4 5