中文English日本語

技術サービスサポート

お問い合わせ+86-(0)27-5959 8172

その他の連絡先

解决方案详细页广告位
概要

執法監査システムは無線通信、空間情報、業界データベース、ワークフロー、ネットワークなどの技術を活かして、業務実行?管理のデジタル化、ネットワーク化や空間可視化を実現します。監視評価体系を作成して、政務管理レベルを向上、調和的な社会を構築することを目指しています。

システム構造


特徴

デジタル化、透明化、新体験

既存の法執行作業を科学的、系統的、総合的、長期的なシステム管理に変身します。短時間内に政務管理レベルを向上して、調和のとれた社会を構築します。


調達統一、監督集中、サポート管理

法執行管理業務を専任監督から、指揮センター統一調達に変更することで、総合整頓を実現し、管理強度を強めて、現体制の業務分担不明、執行効率低下、管制強度不足という現状を変えることができます。


法執行管理の公衆関与

市民が参加することで、公衆の政務法執行執務への理解を深めます。


主要機能

連携モニタリング早期警戒指揮センター

国土資源法執行監査内外業務連携の中枢です。指揮センターシステムは巡査人員及び車両監視、違法土地のオーバーレイ分析、違法状況の受付、違法案件の分布、突発及び重大案件の早期警戒、案件の取り扱い延滞通知、ビデオ監視ソーンの管理、タスクのリアルタイムスケジューリングという8つの機能があります。


動的巡視

範囲外時の警告、巡視タイムアウト警告、巡視軌跡の記録、違法使用の疑いがある土地の採集?分析、現場の証拠写真撮影、巡視任務の受け、現場情報のアップロードという機能モジュールからなります。システムは手持ちGPS(特殊デバイス、スマートフォン、タブレットPC)にインストールされた巡視アプリケーションで、巡査の巡視路線の軌跡をリアルタイムに記録します。車両は指定巡視範囲外にある場合、または非作業時間で車両を使用する場合、システムは警告をして、管理者に現場の状況を知らせます。巡査は違法使用の疑いがある土地を発見した場合、手持ちGPSでその土地の座標情報を採集し、指揮センターにアップロードすることができます。指揮センターは国土資源「1枚図」のコアデータにより、違法使用の疑いがある土地を検査し、分析結果を現場作業員の手持ちデバイスにアップロードして、違法土地の処理に役立ちます。


案件追跡?審理

ワークフロー(Workflow)技術で法執行を管理します。オフィスオートメーションシステムとGIS応用システムを統合したワークフロー管理システムには、案件取り扱い、案件追跡、重大案件のリーダー監督、案件延滞通知などの機能があります。


ガーディアンピース検査

毎年、国土資源部はガーディアンピーススポットマップを配布して、迅速処理及びインポート、エクスポートを行います。ガーディアンピースデータを表示して、拡大、縮小、スクロールなど操作機能をサポートし、巡視任務のリモート受信及びガーディアンピース巡視任務の実行ができます。また国土資源「1枚図」のコアデータ及び違法案件の調査データにより、ガーディアンピーススポットマップの成因をリアルタイムに分析し、ガーディアンピースの違法状況を確認して、不法使用土地の早期処理、早期整頓、早期リハビリテーションを行います。


決定分析

土地の違法使用状況を統計することで、責任者はタイムリーに各行政区の耕作地の不法占拠状況、違法案件の状況を把握して、対応できます。

企業情報
会社情報
ご挨拶
経営理念
会社組織
会社沿革
ニュース
ニュースリリース
Kotei-News(月刊)
アウトソーシング
スマート表示
コネクティビリティ
信頼性評価
自動運転
ナビ製品
車載ナビ
携帯ナビ
業務車両ナビ
NUI
ソリューション
スマートシティ
スマート国土
スマート観光
スマート税務
スマート物流
その他
人材採用
採用情報
人材育成
海外研修

Copyright 2017-2019 武漢光庭信息技術股份有限公司 版権所有
法律に則り | プライバシー保護
CNAS 2 3 4 5